暑い!そんな夏の気温 英語の「華氏」は「摂氏」で何℃?

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 140

ちょうど今、何を読もうかなぁと思っていて、いくつかの本をちょこちょこと読んでいます。Timeriders2にしようか、Wonderの他の人の視点の本が借りられたのでそっちにしようか、Holesにしようか・・・・・・。

本格的に読む前にちらっと読んでいるHolesの最初の方に「華氏」という表現が出てきたので、簡単に華氏を摂氏にする方法をご紹介♪

 華氏を摂氏にする簡単な計算法とは

sugaku
 

Holesで最初の頃に暑さを説明するために出てくる温度は華氏95度。

華氏を摂氏にする計算式

 (゜F-32)×5/9=゜C 

 

この計算式が一般的によく出てくるのですが、わかりにくい

つまり

(華氏-32) x 1.8 = 摂氏

Holesに出てきたのは華氏95度ですから

(95-32) x 1.8 = 摂氏35度
 
ちなみに、1.8なんて生活の中ではいまいち計算できないので、私の場合は、
  • 95度-30=65
  • 65を2で割って 32ちょっと。
  • それよりも2〜3度高いくらいと(笑)

そんな風に計算しています。

まぁこれでたいていはあっているので、感覚のイメージをつかむってことでいいと思っています。留学先とかで温度を言われたり、天気予報を見たり、そんな時、難しいことはやっていられないので(笑)とにかく30引いて2で割って、その数字よりも2~3度高い、これでも十分ややこしいんですけどね

では、5フィートとは!?

Holesの中で主人公が穴を掘らなきゃいけない深さ、これは5フィートなんですが、5フィートってどれくらいなのでしょうか。

1フィートは30.48cm。ですので、152.4cmです。

これも私は30cm計算なので、150cmちょっとくらいかなぁと。

1フィートって英語では1 foot。つまり足の大きさなので、ちょっと大きな男性の足のサイズと覚えておけば間違いありません。何となくイメージはつきやすくなったのではないでしょうか?

Waka / 和香

TV番組ディレクター / ライター / 翻訳家(まだ卵) at フリーランス
報道やドキュメンタリー番組を手がけるTVディレクター。ウェブライターの仕事もやっています。また出版翻訳家と断言できるよう勉強中です。
英語洋書の多読や読書が趣味。海外ドラマ、映画もかなり好きです。
◆◇ 次回予告 ◇◆
次回の記事はたぶん、きっと……
Magic Tree House #24: Earthquake in the Early Morning読了 」になる予定です。読み逃しなく♪
RSS購読はこちら →
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存