英語の勉強に本気を出してみようかと思い始めた……目指せ出版翻訳家

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 242

いきなりですが、かなり大きく出ました(笑)出版翻訳家、目指します!!!

 実は小説を書きたいという夢は昔から持っていたんですね、仕事柄、脚本書いてみたら?なんて言われることもあったのですが……なかなか手が出せず。。。

そんな私が多読をやり、最近では邦訳が出ていないものに手を出し始め……面白いのになぜ日本の本になっていないの~!?なんて思うわけです(汗)

ただ、少し思うのは、この間ご紹介した、Escape from Mr.Lemoncello’s Library

本好きにはたまらない!Escape from Mr. Lemoncello's Library
いや~、本当に面白かった♪久々に子どもみたいにワクワクしながら読みました。 amazon.comのレビューによれば、ナイトミュージアムとチャーリーのチョコレート工場(実際に話の中にも出てきますが)が交...

本当に面白かったし、邦訳が出ればいいのになぁとも思うんですが……日本ではダールとかそんなに読まないよなぁとか、図書館、確かにたくさんあるけど、日本の学校ってほとんどまともに図書館の使い方とか学ばないよなあとか思うわけです。

アメリカの大学では非アメリカ人のための特別授業で図書館の使い方とか教えてくれるんですよね。アメリカでは図書館が当たり前のように子供のころから使われていて、使い方とかがっつり授業でやっている(らしい)

そんなことも分かっているのですが、それでも面白いものは面白いんだもんっ!ぜひ勧めたいんだもんっ!ってまぁただの駄々っ子ではあります(汗)

いや分かってますよ、出版不況なんですよね。仕事でもたくさん特集してきたし、実際、電車の中で本を読む人の姿も減っていて、みんなスマホ見ているし……。

私がやりたい!と熱望するのはフィクションの出版翻訳、それも児童書とかYAとかのジャンルです。もしくはミステリーかファンタジー。(ロマンスは…個人的にあまり読まないので……そのうち手を出しますかね……)私自身、日本の児童書が大好きで、一番好きな作家は今年亡くなられた香月日輪さんなくらいです。でもこれが一般的じゃあないことはよ~く知っている(汗)子供の本を読む大人は少ないでしょうし、子供も読書離れしているんでしょうし。

翻訳のオーディションやトライアルを見てみても、その多くはノンフィクション、ビジネス書だったり専門書だったり……そう思うと、やりたい!と思う人はたくさんいても、かなってないんだろうな……などと弱気になってみたり。

私の場合は本業の環境も特殊で、報道通訳さんはよく一緒にお仕事させてもらっていたし、番組の翻訳テロップは自分でつけたりした場合も多くあるし、映像翻訳に関してはやってみたい気持ちもあるけれど、本業に近すぎて、どちらかというと本業目線になってしまう……映画、3度の飯くらい(よりではない・笑)好きですけどね……。

ってことで、現在、出版翻訳家を目指すために勉強を始めようと、情報収集中です♪

本当は通学でどっか翻訳学校に行った方がいい……というか行きたいところはあるけれど、どう考えても、○曜日の19時~毎週授業とかに参加、は、まず本業を考えると無理!ということでおそらく地道に通信教育を受けながら、オーディションとかトライアルとか受けることになりそうです。

そんな甘いものじゃあないのも承知ですけどね……。でも、やっぱり面白いものは面白いし、面白ければ紹介したいわけですよ。ってただのおせっかいおばさんですね(笑)

Waka / 和香

TV番組ディレクター / ライター / 翻訳家(まだ卵) at フリーランス
報道やドキュメンタリー番組を手がけるTVディレクター。ウェブライターの仕事もやっています。また出版翻訳家と断言できるよう勉強中です。
英語洋書の多読や読書が趣味。海外ドラマ、映画もかなり好きです。
◆◇ 次回予告 ◇◆
次回の記事はたぶん、きっと……
Magic Tree House #24: Earthquake in the Early Morning読了 」になる予定です。読み逃しなく♪
RSS購読はこちら →
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存