評判通り これは間違いなく感動 Wonder読了

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 246

以前から多読をやっている人たちが続々と読んで気にはなっていたのですが……エンターテイメント性が高いものが好きというか、文学作品はどうもなぁと思っていたこともあり、敬遠していたWonder。邦訳も出版されたようなので、と、重い腰を上げてみたら……超はまりました!

Wonder

Wonder

Author:
Series: Wonder, Book 1
Genres: Children, Health, Human
Tag: 中級者向け
73,053語/320ページ。顔に重度の障害を持つ主人公August。今まで母親が自宅学習で育ってきたが……そろそろ学校にと私立の学校に行くことになる。何度も手術を繰り返すが外見を見て、周りの子供たちは怖がり叫び声をあげ逃げていく……それでもAugustを面白い!と慕う友人たちも出てきて……。Augustの成長物語がAugustの姉のOliviaの、そしてJackの視点を変えて同じ物語を見る人間物語。 More info →
Buy from Amazon Kindle
Buy from Amazon

主人公Augustを取り巻く状況をいろいろな人の視点で見せる

最初は主人公のAugust自身の口からAugustを取り巻く状況を語るので、私はかなりここで感情移入。その後は、お姉ちゃんのOliviaの視点だったり、友達のSummerだったり、いろいろな人の視点でそれぞれが自分の思いを語ります。

最初にAugustの目線で話を見てからOliviaの話なので、本を再読するときのように、あぁそうそう、そういうことだよね……と思いながら読めます。だからよりわかりやすい。最初より途中からどんどんとスピードUPしていきます!

本の構成の仕方がものすごいうまい!

これは……私の好きなタイプというか、自分自身、本業で(TVディレクターをしています)こういう構成にしたいと思ううまいやり方をしているんですね。

どういうことかというと、Augustの話からOliviaの話、そしてそのあと…と人が変わっていくのですが、その時に、例えばAugustの話でOliviaとなんかあった時に、うま~くスイッチするというか……それぞれの視点で状況を話すのですが、うま~く、お話は前へ前へと進んでいくんです。そのスイッチの仕方がうまい!こういう構成で全部原稿がかけたらいいのに……と私は思っているので、くぅ~!となりながら読んでいました。

多読的には……とても読みやすい……そして感情移入ができる!

多読王国というSNSに登録していて、ほかの方もこのWonderはとても多くの人が読んでいて、その読みやすさレベルを見ると、4~5の人が多く……最近、読みやすさレベルがわからなくなってきちゃっているのですが、私の感覚的には3.5~4くらいのイメージで、とても読みやすかったです。分からない単語もありますが、繰り返し出てくるので分かるようになったりとか……。

少しネタバレになってしまいますが、Augustは本当にいい子で、ハンデをハンデだとわかっているからこそ、どちらかというとハンデを受け入れているように見えます。時々「どうして?」とかママに聞いたりしていますが、あまり感情を爆発させたりはしないような感じ。

その中で初めて感情を爆発させてしまうところがあるのですが……その時にさらに悲しい別れをすることになります。そのあたり、電車の中で読んでいたのですが、もうウルウル

ときてしまいました。もはや完全に感情移入してしまっていたんですね。

そこから先もいろいろなことが起こりますが……じゃあ自分が、Augustに出会ったらどういう反応をするだろうか……そう考えるとなかなか難しいものがあります。

さらにWonderには続編というか、さらにほかの人の視点からかかれているものも出版されているようなので、そちらもぜひ読んでみたいと思っています。

Waka / 和香

TV番組ディレクター / ライター / 翻訳家(まだ卵) at フリーランス
報道やドキュメンタリー番組を手がけるTVディレクター。ウェブライターの仕事もやっています。また出版翻訳家と断言できるよう勉強中です。
英語洋書の多読や読書が趣味。海外ドラマ、映画もかなり好きです。
◆◇ 次回予告 ◇◆
次回の記事はたぶん、きっと……
Magic Tree House #23: Twister on Tuesday読了 」になる予定です。読み逃しなく♪
RSS購読はこちら →
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存