全部タダ!無料で洋書の絵本がORTが聴き読み放題のTumbleBookとは!?

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 325

あぁ、こんなサイトが無料であるなんて!

私が2011年に本格的に多読を始めた時、読む本は簡単なもの、絵本から始めるっていうのは理屈では分かっていたけれど、絵本って文字と絵が少ない割には値段が高い!と思っちゃいました。いや、たぶん、今でも高いんです!どうしても量を読む多読なので、当時私は、まずSSSの講習に行って、で、新宿にあるそこそこお高かったけど(3か月9千~1万2千円程)のSEGのブッククラブに入ったんですね。(多読用の本が借りられる私設の図書館です)約3万冊の本やらCDやらがあって、当時は元を取ろうと(笑)かなり通いつめました。

そこで読んだI can Readの本がこのTumbleBookで無料で公開されている!!!

b048f4ab-42f6-4da1-9ca0-dc66fd7d70e4 なんとそこで借りていたような本が、ネットで無料で読めちゃうことに気がつきました!しかも・・・・・・CDいらず、読み聞かせてくれちゃうんです!!

オンライン図書館TumbleBookを使って無料で絵本を使う方法とは

その素敵なサイトとは、TumbleBookというもの。TumbleBookはアメリカの学校などで登録していて無料で使える絵本を中心としたオンライン図書館。アメリカの図書館に登録すると無料で使えるので、私は自分の米図書館経由で使っています。

米図書館への登録方法はこちら。

年間約1万円で洋書が読み放題に!その方法とは!?
私が本格的に多読を始めたのが2011年なので早、丸4年。何に困るかって読む本です。洋書は安くなった!とは言いますが、やっぱりそれでも高い!! それでも、先月私が読んだ本は仕事で読んだ本やマンガなども...

さらに、何と、米図書館に登録なんかしなくてもTumbleBookを使う方法があるんです!日本でも「英語本.com」というサイトがオンライン学校として登録してくれていて、英語本.comに登録するとTumbleBookを無料で使えるようになります。

TumbleBookには児童書も登録されているからタダで読める本も!

TumbleBookにはチャプターブックとして、絵本ではなく児童書もあって、これ読むの結構時間かかりますけど?みたいなものも登録されています。こちらは聴き読みという形ではなく、読書の形なので、ネット環境さえあれば、ただで本も読めてしまいます。playlistとかfavoriteに登録しておけば、続きもすぐ読めちゃいます。

ちなみに、これはまだブログでは紹介していませんが、FBIに憧れた男の子たちが秘密のクラブハウスを作ってちょっとした事件や謎に挑むClubhouse Mysteriesのシリーズ(YLは3前後かな)みたいなものがあったり、5000語〜2万語くらいの本があります。 あまりに長いものは、オンラインでずっと読むのはしんどいかもしれませんが・・・・・・飼う前のチェックにもいいかもしれません。

9e8ad954-2f11-4704-a484-694e05cd21e5

そこで久々に出会ったのが、I can Readシリーズのかわいいワンちゃん、buscuit

SEGのブッククラブでは簡単に読めそうなものを借りていくと冊数制限でもったいないので(笑)1時間~3時間、自分の時間に合わせて、何冊か自習室で読んで、時間がかかりそうなものを借りていく方法をとっていました。なのでこのシリーズはあの場であわただしく読んだものでした(笑)これが無料で読めちゃうっていうんだから、びっくりです。

a7c333cb-f6fa-4700-a173-4456d8cb92ff 絵本はインタラクティブな作りになっていて、カラオケのように字を追って行ってくれたり、絵が大きくなったり小さくなったり、読みもお芝居調で男女入れ替わったりするので、朗読ともまた違う感じ。動く紙芝居といったイメージでしょうか。 何冊か読んでみましたが、読み聞かせの時間なども書いてあるので、どのくらいの長さかすぐわかるし、2分~10分以上のものまで!スキマ時間に合わせて選べるのもいいですね。

ただ、びっくりするのは、「短い=簡単」というわけじゃあないこと。ナチュラルスピードなものも結構あって、2分くらいなのに歌うような読みで、はっきり言って何言っているかわからない!!なんてものもあります(汗)でもそれがなんとなく、歌うようで面白いんですけどね。そんな中からいろいろ探しながら読むのもいいのではないかと思います。

Waka / 和香

TV番組ディレクター / ライター / 翻訳家(まだ卵) at フリーランス
報道やドキュメンタリー番組を手がけるTVディレクター。ウェブライターの仕事もやっています。また出版翻訳家と断言できるよう勉強中です。
英語洋書の多読や読書が趣味。海外ドラマ、映画もかなり好きです。
◆◇ 次回予告 ◇◆
次回の記事はたぶん、きっと……
Magic Tree House #23: Twister on Tuesday読了 」になる予定です。読み逃しなく♪
RSS購読はこちら →
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存